株式会社エンバイオ・エンジニアリング

Soil Contamination
土壌汚染対策サービス
エンバイオ・エンジニアリングは、土壌汚染対策に必要なサービスを最初から最後まで、ワンストップでご提供いたします
Construction
建築工事サービス
土壌汚染を調査・対策した土地に建築工事を行い、新たな価値を提供します。土壌汚染対応を含まない新築案件も広く承ります。
Blue Water and Green Energy
⽔と電⼒のソリューション事業
⽔環境保全やエネルギーに関して、お客様がそれぞれ抱える課題に寄り添いワンストップで問題解決を⾏います。
Environmental, Health and Safety
EHS関連事業
日本国内はもちろん、幅広い国地域(アジア・ヨーロッパ・北中南米等)においても、EHS関連サービスをご提供しています。
Items
製品販売-土壌汚染関連機器・資材の販売・サポート
土壌汚染対策のための、各分野に特化した優れた製品を中心にご提供しています。

テトラクロロエチレンで汚染されたサイトのMVPを用いた原位置浄化の事例

弊社独自の揚水ばっ気装置(MVP)を用いて二重吸引により宙水と土壌ガスの回収を同時に行う効率的な原位置浄化を実施。

概要

汚染物質 テトラクロロエチレン
対策の対象面積 65m²
対策土量 260m³
対策深度 GL-0.0m~GL-4.0m
区域指定の有無 なし
実施工法 宙水と土壌ガスの二重吸引
工期 2017年~現在(対策実施中)

工事詳細

対象地はテトラクロロエチレンによる汚染を対象として、当初、他社により、土壌ガス吸引の対策が実施されていた。しかし、設計で想定していた濃度低下が認められず、その原因は対象地に存在する宙水によって土壌ガス吸引が阻害されていることが原因と分かった。
そこで弊社のMVP(Multiple Vacuum Pump)を使用して、Φ25mmやΦ50mmの揚水井戸から宙水の揚水と土壌ガスの回収を行う二重吸引を行った。

対象地

土質はロームの埋め土であり、宙水の水位はFL-1.2m~FL-3.0m程度であった。

MVPの利点

・水とガスのどちらを吸引しても壊れないポンプのため 1本の井戸で宙水の揚水と土壌ガス吸引を並行して行える。
・自動制御のため常駐作業員が不要である。本現場では月1回程度の点検を行っている。
・曝気槽を装置に設けることで、テトラクロロエチレンを含む宙水を処理して下水へ放流して現場内で水処理を完結できる。
・曝気ガスは吸引ガスと共に活性炭を通すことで屋外放出できる。