エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人

社会的な責任を負うことは、使命感とやりがいにつながる

安原雅子

調査部 部長
2003年中途入社

Q. 調査部の業務内容を教えてください。

調査部の業務は多岐に渡ります。お客様のお問合せの窓口となったり、現場に出て土壌や地下水の汚染状況を調べたり、利害関係者の方々との調整等を行います。お客様にとって、土壌の調査や対策は負のコストがかかる「できればやりたくない作業」です。最終的には土地の売買を成立させたり、土地を活用することを目的としていたりすることが多いため、お客様の負担をできるだけ減らすことや、本来の目的に近づけるようにということを第一に考えて、案件に取り組んでいます。
大変なことも多いですが、私たちの仕事は社会的な責任も伴うことから、使命感を持って働ける仕事だと思います。

Q. 部長として心掛けていることをお聞かせください。

心掛けているというほどではありませんが、「質問しやすい」「相談しやすい」環境作りを意識はしています。ここ数年、調査部には新人が配属されていますが、年上や経験のある者は積極的に新しいメンバーに声がけをしてくれます。そのため、わからないことがあれば気軽に誰かに相談できる雰囲気が自然にできている気がします。最近は、部署を超えたメンバーがチームとして案件に取り組むシーンが増えているので、普段の何気ない会話から、コミュニケーションスキルを身に付け、それにつながる気づきがあればいいなと思っています。また、会社のカリキュラムとは別に、各自がそれぞれのペースで常にチャレンジできるように環境を整えるのも自分の役割だと思っています。

エンバイオ・エンジニアリング 求人

重金属汚染の分野で、大学と共同研究

Q. 活発な研究活動が貴社の特徴とお伺いしましたが、最新の事例を教えてください。

現在、大学との共同研究で、自然由来汚染の調査手法について取り組んでいます。日本には、長い年月をかけて変化してきた地質構造の影響を受け、法律で定められている基準を超える重金属が存在しているような土地が所々にあります。「自然由来の汚染」と言われているものです。
汚染の原因が自然由来かどうかを確認するためには、費用と時間がかかります。
そこで、現場で簡単に解析できる分析器を利用して土壌汚染の分野にどう活用できるかを研究しています。

エンバイオ・エンジニアリング 求人

毎週水曜日に開かれる定例勉強会では、社員が自由に課題を持ち寄り、発表・検討しています。写真は、発表中の安原部長。

大学院に進むのは、就職してからでも遅くない

Q. 就職活動中の方にメッセージを

皆さんは大学院に進学しようかどうか悩んだことはないでしょうか。私は学部卒業を控えた時期が近づいた頃、修士くらいは出ておかないと社会で通用しないのではないかという不安を感じたことがありました。しかし、当時在学中の大学(米国)のTA(ティーチング・アシスタント)から「大学院に行かなくても、活躍している人はたくさんいるよ」と言われました。彼はアメリカの石油メジャーで社員教育をしていたそうで、私の父親の年齢に近い方でしたが、会社を辞めて大学院で研究をしていました。彼以外にも、年齢やバックグラウンドが異なる人達が大学にはたくさんいました。
そのようなこともあり、大学院に行くのは働いてみてからでもいいかなと思って就職する道を選択しました。
今思えば、当時は視野が狭かったな、と思います。今の時代、学ぶ気持ちさえあれば機会はいくらでもあります。
当社では、社内での勉強会、社外・海外研修、研究開発など学ぶ機会が多くあります。社会人になっても、学び続けたいと思う方はぜひ、興味を持ってもらいたいですね。

エンバイオ・エンジニアリング 求人

エンバイオ・エンジニアリング 求人