エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人
エンバイオ・エンジニアリング 求人

現場に立ち続け、学び続ける「真のプロフェッショナル」を目指して

橋本勇郎

工事部
2013年新卒入社
獣医学系研究科 生物環境科学専攻
修士課程修了

Q. 工事では「現場代理人」の立場にあるそうですね。

現場代理人の定義は、工事の請負人──この場合では当社の社長──を代理して、工事契約に基づく指示や協議といった行為を行なう権限を与えられた者です。また、現場監督として施工管理する項目は人員配置、安全、品質、工程、予算など、工事の全てに渡ります。
この中で最も力量が問われるのは品質を維持した工程管理です。浄化工事と一口に言っても、案件によって、使用する工法も納期もさまざま。与えられた条件の中で、最良の選択をするのが私の役割です。
私は浄化工事の現場監督として施工管理を担当していますが、まさに現場監督としての手腕を試された案件が最近ありました。その現場は、掘削除去と原位置浄化の抱き合わせの工法だったこともあり、当初は長期計画でしたが、急遽工期を短くせざるを得ないこととなったのです。「このままだと絶対に間に合わない!」と思いました。ピンチに追い込まれたのです。
そこで、重機・人員を追加手配し、複数のチームを作りました。同時進行ですることで、少しでも早く作業を進めることが目的です。作業区画が被らないように計画を練るのはもちろん、念入りに打ち合わせをしました。なかでも、一番神経を使ったのは安全面です。狭い作業区画の中で、複数の大型重機が行き交う現場だったので、ちょっとしたミスが事故につながりかねません。そうなれば、安全面・品質面・工期・予算面のすべてが破綻します。時間制約があるなかで、手に汗握る現場でしたが、一方で、その緊張感も楽しむことができた現場でもありました。

エンバイオ・エンジニアリング 求人

計画通り進まない浄化の現場と「勝負」する

Q. 手に汗握る状況を楽しめたのはどうしてですか?

自分が選定した協力会社をはじめとするチームが、一丸となって、同じ目標を持てたからだと思います。とても良い雰囲気で仕事を進めることが出来ました。
考えつく限りの状況を想定し、さまざまなリスクヘッジをする。現場とは、いわば「勝負」です。勝負に臨むにあたっては、仲間との信頼関係が重要です。このときのチームメンバーとは、日頃から良いコミュニケーションが取れていて、人間関係ができていました。
さらに、僕にはピンチの時に一番に駆け付けてくれる上司がいました。一人じゃないと思うと、失敗を恐れず全力でぶつかっていけるのかもしれません。達成感もすごく大きかったのを覚えています。

エンバイオ・エンジニアリング 求人

やる気さえあれば、仕事と研究は両立できる

Q. 入社のきっかけを教えてください。

大学院では原位置浄化の一つである「ファイトレメディエーション」という、植物の栄養吸収能を利用し、土壌や地下水の汚染物質(重金属)を回収する技術について、土壌に対する重金属の吸着離脱反応の視点から研究していました。この技術は土壌浄化の有効な手段のひとつですが、今でも試験施工を除き実用化されていません。
このような研究をしていたので、おのずと土壌浄化に興味が湧き、「この知識を生かした仕事がしたい」「重金属の原位置浄化を実用化させたい」という気持ちが強くなりました。 そこで、土壌浄化業界一本に的を絞り就職活動開始。自分の想いを実現させてくれる会社を探していた時に出会ったのが当社です。「新しいことにチャレンジさせてくれる」ベンチャー気質であること、「原位置浄化」の実績があること、そして何よりも企業説明会で出会った、ある先輩の存在が大きかったです。

Q. これからの抱負をお願いします。

「現場」も「研究」も妥協したくないといったところでしょうか。
究極を言えば、「現場業務と研究開発」のどちらも最前線で対応できるプロフェッショナルです。そんな人間になりたいですね。
どんな難解な現場でも、「橋本に任せれば大丈夫!」と社内外から言われる存在になるために、多くの経験値を重ねていきたい。そう言えるのも、「失敗を恐れずにチャレンジ」させてくれる環境があるからこそかもしれません。
研究面では、元々「重金属の原位置浄化を確立させたい」という夢を持って入社した事もあり、DLD(Distributed Learning and Development System)という社内制度を利用し、現在「重金属の不溶化」の技術開発に取り組んでいます。不溶化とは、化学的反応を用いて重金属などの有害物質を土壌中から溶出しない状態に保つ技術のことを指します。不溶化は、場外処理及びオンサイトでの手法が中心に施工されており、原位置浄化に特化している技術ではありません。また、その不溶化機構や不溶化の長期安定性に関する研究が不十分なため、元々選択されにくい工法となっているのが現状です。
DLDを活用し、それぞれの不溶化剤の対象重金属に対する不溶化機構や長期安定性等に着目した不溶化の基礎的研究を続ける事で、今後の弊社の一つの武器として、原位置を視野に入れた不溶化工法を確立することが当面の目標です。
実務と研究の並行は口で言うほどたやすいものではなく、なかなか思う通りにいかず苦労が多いですが、どちらも苦労を乗り越えた後の達成感は経験した者にのみが得られる醍醐味があるはずです。それを味わうために走り続けたいと思います。

エンバイオ・エンジニアリング 求人

エンバイオ・エンジニアリング 求人