製品案内 Products

モデル8040DT

ジオプローブ・システムズのボーリングマシン

ジオプローブ・システムズ

用 途 井戸設置、土壌サンプリング他

モデル8040DTは、耐久性の高い走行部、安定したワイドプラットフォーム、強力なオーガヘッドを備えた高性能ダイレクトプッシュマシーンです。

モデル8040DTは、耐久性の高い走行部、安定したワイドプラットフォーム、強力なオーガヘッドを備えた高性能ダイレクトプッシュマシーンです。より強力なGH80ハンマーで2.25”、3.5”、4.5”のツールスを使用することにより、従来とは違った分野での利用が可能になります。

特徴

01

84inのストロークにより60in長のプローブロッドの使用が可能になります。

02

40トンの引抜力により、より大口径のツールスをより深く使用できます。

03

ワイドプラットフォームを採用した耐久性の高い走行部により、安定した安全な作業が可能になります。

04

様々な機器で使用可能な、5ヶ所の外部油圧ポートを搭載

05

動力源には、CAT製 4シリンダー120HP水冷式ターボディーゼルエンジンが搭載されています。

製品

仕様・規格

 8040DT8140LC
重量 7,938 kg 8,777 kg
全幅 2,032 mm 2,032 mm
全長(輸送時) 4,470 mm 4,724 mm
全長(作業時) 4,826 mm 4,902mm
全高(輸送時) 2,515 mm 2,794 mm
全高(作業時) マスト格納 3,886 mm 4,877 mm
全高(作業時) マスト伸長 5,893 mm 6,325 mm
エクステンド可動量 381 mm 381 mm
サイドシフト可動量 660 mm -
走行速度 0 - 4.8 kph 0-4 kph
Percussion Hammer
ハンマーシステム GH80 -
打撃レート 32 Hz -
ソニックヘッドシステム   GV4
振動周波数   0-130 Hz
オーガヘッド回転トルク(高トルク/低速回転) 8,135 N・m 5,432 N・m
オーガヘッド回転トルク(低トルク/高速回転) 4,067 N・m 3,389 N・m
オーガヘッド回転速度(高トルク/低速回転) 0-100 rpm 0-80 rpm
オーガヘッド回転速度(低トルク/高速回転) 0 - 200 rpm 0 - 120 rpm
Hydraulic Systems
押込力 262 kN 88 kn
引抜力 356 kN 88 kn
油圧圧力276 bar 276 bar
油圧流量 379 Lpm 376 Lpm
Engine
エンジンタイプ CAT, 4-cylinder turbo CAT, 4-cylinder turbo
エンジン出力 90 Kw 90 Kw
燃料タンク容量 151 L 151 L

動画

メーカーのご紹介

ジオプローブ・システムズのボーリングマシン

ジオプローブ・システムズ

ジオプローブ・システムズのマシーンは世界トップのシェアを誇る土壌・地下水汚染調査・浄化用マシ-ンであり、だれが操作を行っても目的に即した最適なサンプルを採取できるように開発されたマシーンです。

よくあるご質問

マシーンの修理の依頼はどちらへ問い合わせればいいですか?

弊社サービスセンターまでご連絡ください。 (平日9:00~18:00)

Geoprobe本体の修理は、地方でも可能ですか。

北海道、東北、関東、中部、関西、九州、沖縄各地方の建機修理業者と協力しております。遠方の方もご遠慮なくご相談ください。

現場でGeoprobe本体が故障しました。出張修理に来てもらえるのでしょうか。

お問合せ頂き、現場で修理可能な内容と判断させて頂いた場合、出張して修理も可能ですが、マシーンの状態によっては工場への持ち込み修理が必要となる場合もあります。

当社のご紹介

エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

当社は土壌・地下水の汚染調査、土壌汚染対策工事等に使用する専用機器・資材の販売と保守点検サービス、バイオテクノロジーや化学酸化等を用いた浄化工法の薬剤の販売と技術支援サービスなどを提供しています。

お気軽にお問い合わせください!

下記のような疑問をお持ちでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
当社の専門スタッフがご説明をさせて頂きます。

  • 在庫を確認したいのですが
  • 自社でどの製品が合うのか、分からないのですが・・・
  • 発注してから納品までどれくらいの期間を見ておけばいいのでしょうか
  • 導入事例を知りたいのですが・・・
  • 製品の機能をもう少し詳しく知りたいのですが・・・

関連製品・サポート情報

Geoprobe 走行カバー内の清掃

Geoprobeのマシンを整備でお預かりした際に多く見られるのが、走行モーターのカバー内に入り込んだ砂や土壌などです。写真のように、長期間砂や土壌が入り込んだままになっていると、同時に水分も多く保持されることになり、配管やホースの劣化を早めてしまうことになります。

走行に不具合を感じたら

回転する部分がベアリングなしで回されると、鉄と鉄が擦れあう状態が続き、大きな摩擦になります。放っておくとベアリング以外の部品の交換も必要になる場合がありますので、日頃から足回りのローラー部の点検をお勧めします。

関連技術情報

各種お問い合わせはこちらから 製品に関するご質問・導入のご相談等、お気軽にご相談ください。 03-5577-5528 月曜~金曜 9:00~18:00
  • お問い合わせフォーム
  • カタログ請求フォーム
  • 技術資料ダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ:
    03-5577-5528
  • 土壌汚染に関するご相談:
    03-5297-7288
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 技術資料