製品案内 Products

  • HOME>
  • 製品案内>
  • Vスロット巻き線スクリーン(井戸用スクリーン)

Vスロット巻き線スクリーン

用 途 揚水井、注入井、深井戸、浅井戸、集水埋渠、放射状集水井、DEEPウェル

三角断面のワイヤーとサポートロッドの構造で、開口部が内広がりで高開口率な目詰まりしにくい巻き線スクリーンです。

土壌・地下水汚染対策用として専用設計されたECOスクリーンは従来の巻き線スクリーンに比べ軽量で廉価になっています。ネジによりPVCのケーシングとも接続が可能です。深井戸用のウェルスクリーン、リングベーススクリーン、仮設工事用のDEEPウェル用スクリーン等、用途の応じたスクリーンをご案内いたします。材質もステンレスを中心に、低炭素鋼亜鉛メッキやセラミックコーティングされたセラコートもあります。

特徴

01

土壌・地下水汚染対策用のECOスクリーンは、従来の巻き線スクリーンを用途に合わせチューニングし軽量且つ低価格にてご提供しています。開口率も高くPVCのケーシングとも接続が可能です。

02

深井戸用スクリーンは、ベーシックなウェルスクリーンより強度と開口率を上げたリングベーススクリーン、伝統と実績のパイプベーススクリーン(丸孔巻き線)があり、用途や深度、口径によって使い分けが可能です。

03

「ステン」とは「汚れる、錆びる」の意味で「レス」はその否定語です。ステンレスとは「錆びにくい」と言う意味です。材質としては高価なので、予算や用途に応じて低炭素鋼亜鉛メッキやセラコートも製造可能です。

04

口径は25A~1000Aまで長さは6.0m/本まで製造が可能です。スロット幅は0.5mmから製造可能で、それに合わせて開口率も10%~50%までとなります。これらにより、適切な位置にスクリーンを設置することが可能となります。

Vスロットスクリーンの種類

● ウェルスクリーン

開口率も大きく強度も高いVスロット巻き線スクリーンで深井戸では最も一般的に使用されています。

 

● リングベーススクリーン

内側に補強材としてVスロットスクリーンを使用することで、ウェルスクリーンよりも強度が強くより深い井戸で使用が可能です。
また、細いワイヤーを使用可能なことから最も開口率が高いです。

● パイプベーススクリーン(丸孔巻き線)

強度部材として丸孔を開けたパイプを使用。最も強度は強く、消雪用の井戸や農水用の井戸に使用されることが多い。

製品

仕様・規格

動画

メーカーのご紹介

井戸材(PVCパイプ)

よくあるご質問

開口率の計算方法を教えてください。

スロット幅÷(ワイヤー幅+スロット幅)
になります。

ステンレスと低炭素鋼亜鉛メッキで腐食の差はどの程度ありますか?

井戸の仕様や水質によって腐食の仕方はさまざまです。一概に御答えすることは出来ません。

どんな接続方法があるの?

溶接の他にネジやフランジでの接続が可能です。

当社のご紹介

エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

当社は土壌・地下水の汚染調査、土壌汚染対策工事等に使用する専用機器・資材の販売と保守点検サービス、バイオテクノロジーや化学酸化等を用いた浄化工法の薬剤の販売と技術支援サービスなどを提供しています。

お気軽にお問い合わせください!

下記のような疑問をお持ちでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
当社の専門スタッフがご説明をさせて頂きます。

  • 在庫を確認したいのですが
  • 自社でどの製品が合うのか、分からないのですが・・・
  • 発注してから納品までどれくらいの期間を見ておけばいいのでしょうか
  • 導入事例を知りたいのですが・・・
  • 製品の機能をもう少し詳しく知りたいのですが・・・

本製品に関連するカタログ

関連製品・サポート情報

ミルシートと検査成績書

工場が発行する書類と言う意味でmill sheetと呼ばれていますが、正しくは鋼材証明書と言います。主に炭素、ケイ素、マンガン、リン、硫黄の割合が記載されているが、材料によっては銅やクロムなども記載されることもあります。

井戸用防食継手

ステンレス製のスクリーンにSGPの無孔管を溶接する場合、電位差によるSGPの腐食が心配されます。
その問題を解決する材料として防食継手(ニュートラルカップリング)があります。
ステンレスとSGPを切り離し途中をFRPで繋ぎ絶縁することにより電位差腐食を防ぎます。

関連技術情報

滑性エントランスゴムの性能と施工性の確認実験

集水涵養井戸方式による地下水流動保全対策を行うため、縦井戸ケーシングへ横ボーリング通水連絡管を貫通する工事が計画されている。そこで予定されている滑性エントランスゴムの性能と施工性の確認を行った。

S2-22モニタリング井戸に使用する井戸材の選定

本稿では、米国環境保護庁(USEPA)が作成した資源回復法(RCRA)の地下水モニタリングガイダンス3)をもとに、モニタリング井戸に使用する井戸材の選定方法について紹介する。

各種お問い合わせはこちらから 製品に関するご質問・導入のご相談等、お気軽にご相談ください。 03-5577-5528 月曜~金曜 9:00~18:00
  • お問い合わせフォーム
  • カタログ請求フォーム
  • 技術資料ダウンロード